病院で治らない片頭痛でお困りなら福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック

病院で治らない片頭痛でお困りなら福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック

福岡市南区の福岡自律神経カイロプラクティック整体では「片頭痛の対症法」を解りやすく解説します。また、福岡自律神経カイロプラクティックに頭痛外来の病院で治らない片頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

頭頂部の左側に出る頭痛の種類と対処法

 

頭頂部、左側など頭痛が出る箇所はさまざま

imasia_6457305_M

頭頂部、さらに左側のみが痛むといったパターンの頭痛が存在します。
そして、痛みの出る箇所により、その頭痛が何にあたるのかが分かるのです。

この場合に考えられるものとは、片頭痛、緊張型頭痛と後頭神経痛が挙げられます。

片頭痛ならば、患部を冷やす、安静にする、緊張型頭痛の場合は患部を温める、こまめにストレッチをするといった対処法があります。

また、後頭神経痛の場合、カイロプラクティックの利用により対処することができます。

片側にしか出ないことがある頭痛・神経痛

前述のような片頭痛、緊張型頭痛と後頭神経痛は、痛みが出やすい箇所もありますが、稀にその他の箇所で痛みが発生するケースがあります。

例えば片頭痛ならこめかみ付近、緊張型頭痛や後頭神経痛の場合は後頭部などが主に見られる痛みの箇所ですが、場合によっては頭頂部、また左側のみなどに出ることもあるということです。

それぞれの頭痛・神経痛について

左側のみなどの偏った位置、また頭頂部に出ることがある頭痛や神経痛について、どのようなものがあるのでしょうか? また、その場合には何故片方に痛みが寄ってしまうのでしょうか?

頭頂部片側が痛む理由

頭頂部に痛みが引き起こされる場合は、患部の血管の状態や、神経の状態に問題があることであり、頭頂部の筋肉に問題があるケースは非常に稀です。

それというのも、頭頂部に筋肉はほとんどなく、側頭部や、ひたいの上の周りにある皮筋程度です。

血管、神経それぞれに、痛みの原因があります。 それでは、頭頂部の左に起こる頭痛の種類から解説していきましょう。

頭頂部の左側に起こる頭痛

片頭痛

片頭痛は、日常的に起こりうる頭痛の中でも多いものとされており、その名のとおり左右どちらかに痛みが偏りやすいタイプの頭痛です。

主に出るのは片側のこめかみ付近ですが、ときにその痛みが頭頂部にまで達することもあります。

原因の特定が難しく、何の前触れもなく突然来る場合や、目がちかちかしたり、めまいがしたりするといった前兆がある場合など、さまざまなパターンがある頭痛です。

痛みを引き起こすのは、患部付近の血管が急激に拡張し、血管に炎症を起こすためとされています。

緊張型頭痛

筋緊張型頭痛ともいわれ、筋肉が緊張状態にあることで引き起こされる頭痛です。

長時間うつむき姿勢でいることや、骨格のゆがみなどで姿勢が悪くなってしまっていること、またストレスでこわばってしまうなどの要因で筋肉が緊張してしまい、血管が収縮して血行不良を引き起こします。

この血行不良が痛みの原因のため、血行が停滞している箇所に痛みが発生します。

度合いがひどいものによっては、脳まで血が行き届かないため、めまいを引き起こしたり、頭頂部にまで痛みが上ってしまったりします。

後頭神経痛

神経痛の一種に数えられ、主に後頭部付近に痛みが発生しやすい頭痛です。

頸椎に何らかの異常があるときに、頸椎を通る神経が圧迫・刺激を受けることが原因とされています。

どの神経が影響を受けているかによって症状の発現状態が異なり、頭頂部の左側が痛む場合は、その付近につながる神経が刺激を受けていると考えることができます。

頭頂部の左側に起きる頭痛への対処法

先述の頭痛・神経痛には、それぞれに適切な対処法が存在します。

その症状ごとに適した方法をとらなければ痛みが軽減することはありません。

各々にどのような対処法を取るのがよいかを知っておくことが快方への第一歩といえます。

片頭痛の場合

片頭痛は、痛みの起きている周辺の血管拡張によって痛みが誘発されたものです。

そのため、どの部位に起きた場合でも、血管を収縮させて落ち着けることが第一の対処法となります。

一番手軽に実践できるのは、痛む箇所を冷たいタオルなどで冷やすことです。
冷やすことで血管は収縮し、痛みを治めることができるでしょう。

また、音や光、天候などの影響を受けることもあるため、あまり明るくない静かな部屋でゆっくり安静にしていれば痛みが治まってきます。

緊張型頭痛の場合

緊張型頭痛には、血管を拡張させて血流を復活させる方法が適切となります。

また、血行促進のためにまずは筋肉の緊張を解くことも快方への一歩です。

片頭痛とは逆に、患部に温かいタオルなどを当ててじっくり温めるようにすると、じんわりと痛みが楽になっていきます。

また、こまめにストレッチや、伸びなどを行って筋肉をほぐすのも頭痛予防になります。
肩こり頭痛とも呼ばれるものなので、マッサージも有効です。

ただし、過度なマッサージは逆に筋肉を傷めてしまうことになるため、ほどほどにしておくようにしましょう。

リラクゼーションのプロならば、症状をちゃんと見極めて施術してくれるので、安心して治療を受けることができます。

後頭神経痛の場合

後頭神経痛が起こっている状態とは、すでに頸椎に何らかの異常が来しているときです。

デスクワーカーに多く見られるストレートネックのように、本来曲線を描くべき頸椎がまっすぐに伸びているなど、本来の形以外に固まってしまっている場合は、これがもとで頸髄に影響を及ぼすこともあります。

固まってしまった頸椎の状態は、カイロプラクティックで矯正することができます。

また、まだ痛みはないものの姿勢などについて思い当たる節がある方は、普段から正しい姿勢を保つことが予防法にもなります。

片側に出る痛みの代表的なもの

imasia_15024123_M

上記のような頭痛や神経痛は、片方に痛みの寄りやすい代表的なものです。

また、痛みが頭頂部にまで達するケースも散見され、個人差や、患部の度合いにもよります。

つまりは、こめかみの痛みではないから片頭痛ではない、後頭部ではなく頭頂部の痛みだから緊張型や後頭神経痛ではないといったような判断はしがたいということです。

そのため、判断はしにくい部分ですが、痛みのタイプやどのようなときに軽減・悪化するかなどの条件で見極めることができます。

わからない場合はカイロプラクティックの技師に相談

片頭痛、緊張型頭痛や後頭神経痛は、その症状の出方にいろいろなパターンがあることから、実際にはどの痛みなのかを判断するのが難しいことがあります。

また病院に行き病院の検査などでもわからない場合は、福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体に相談してみるのも1つの方法です。

詳しい問診から、その痛みの本質を見抜いてくれるでしょう。

福岡自律神経カイロプラクティックに頭痛外来の病院で治らない片頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

子供の頭痛が頭痛外来で治らない場合は福岡自律神経カイロプラクティック整体にご相談ください。

子供の頭痛が頭痛外来で治らない場合は福岡自律神経カイロプラクティック整体にご相談ください。

子供の頭痛に気づいてあげましょう

福岡市南区の福岡自律神経カイロプラクティック整体では「子供の頭痛について」を解りやすく解説します。また、福岡自律神経カイロプラクティックに頭痛外来の病院で治らない頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

子供が訴えてくる頭痛のほとんどが”片頭痛”

 

af9980009548l

頭痛は大人が慢性的に持っているものというイメージがあるかもしれませんが、子供でもよく頭痛を起こすことがあります。

子供の頭痛のほとんどは片頭痛の一種です。
肩や首を冷やし、静かな部屋で寝かせるようにしましょう。

また、寝不足や低血糖などの要因でも子供の頭痛は起きやすいため、たっぷり寝かせて食事もしっかり摂らせるようにします。

仮病と勘違いせずにまずは子供の頭痛を対処しましょう

大人が多く持っていると言われるのが、慢性頭痛の中でも一般的な片頭痛です。
これは大人の症状であると思いがちですが、大人と同様子供にも片頭痛はよく起きます。

しかし、大人の変頭痛の症状とは若干異なっています。

その症状の違いにより見過ごされがちなのですが、子供特有の片頭痛の症状を把握しておけば、通常どおり対処できることになります。

子供特有の頭痛の症状と対処法を覚えておきましょう

子供でも大人と同じように片頭痛が起こすことがあります。

しかし、その症状は必ずしも大人と同じではないため、子供が痛みを訴えたときに大人がそれを片頭痛だと気付かないことも多いのです。

ときにそれをただの仮病と思ってしまう親も多いと言われ、子供のストレスはたまっていく一方というケースがよくあります。

そのような図式を作らないためにも、親が子供の頭痛についてよく知っておくことが求められます。

子供の片頭痛の特徴

 

子供の片頭痛が発症は特有で、大人の症状には当てはまらないケースがほとんどです。
そのため、子供の片頭痛のパターンを把握しておかなければ、適切な対処ができなくなってしまいます。

子供の片頭痛の特徴には大きく以下のようなものがあります。

子供の片頭痛の主な3つとその原因
  • ズキズキではなく頭全体の痛み
    大人の片頭痛はドクドクと脈打つのに合わせてズキズキとした痛みが走ります。しかし、子供の片頭痛はズキズキするものではなく頭全体が重く締め付けられるような痛みであるケースが多いのです。
  • 短時間で収まる
    子供の頭痛は痛みだしてから1~2時間でふっと収まることが多くあります。そのため、最初は痛いと訴えていたのに急に平気な顔をしていると見られ、「仮病だったのではないか」と親が疑ってしまう原因のひとつとなっているのです。
  • 腹痛や吐き気などを伴うことがある
    子供の場合は、片頭痛に伴って腹痛や吐き気などを引き起こしていることもあります。中には、頭痛症状よりもこうした消化器系の症状の方が強く出るケースも見られますが、実際には頭痛症状から併発したものというパターンもあります。

子供の頭痛を和らげてあげる方法

子供が片頭痛を起こした時は、首や肩、額を冷やし、暗い場所で安静にさせることが大切です。

急激に冷やす過ぎると体に悪影響を与えてしまいますので、布でくるんだアイスノンや濡れたタオルで少しずつ冷やしてあげましょう。

ストレスがかからないように、親がそばについて安心させてあげることも必要です。

あなたのお子さんは寝不足や低血糖ではないですか?

成長過程にある子供は大人と比べても長い睡眠時間が必要です。 そのため、大人と同じようなサイクルで起きていると寝不足に陥ってしまうのです。

また、朝起きられないなどの理由で朝食を食べなかったり、お菓子ばかりを食べてきちんと食事しないなどの状況は血糖値を下げる原因となります。

それが、頭痛を引き起こすものとなってしまいます。

子供には規則正しいリズムを守らせ、睡眠と食事はきちんとするように指導しましょう。

精神的ストレスからくる自律神経の一時的な障害”自家中毒”

子供は言うまでもなく心も体も成長途上の不安定な状態です。

そのため、ちょっとしたきっかけで体調に変化をきたしがちなのです。 その中でも頭痛や腹痛、嘔吐や下痢などを数日繰り返すケースがあります。

これは自家中毒とも呼ばれるものであり、正式には周期性嘔吐症やアセトン血性嘔吐症と言われる症状です。
何か悪いものを食べたり、細菌やウイルスに感染したりなどといった外部からの影響があるのではなく、子供の体内で起こる変化から起こる疾患です。

子供はとても繊細であり空気を読むことができます

af9980017716l

3~5歳くらいではまだ言語も発達していないということから、自分の症状をうまく親に伝えられないという一面があります。

また、仮病と思われるから親自身が常に頭痛に苦しんでいるからなどの理由であえて自分の不調を訴えないといった子供もいるのです。そういったストレスが蓄積することで、逆に頭痛症状の悪化を生んでいることもあります。

親が気付いてあげられない、ということがないように注意してください。

まずはあなたの子供の状態に向き合い対処しましょう

大人と違って、子供は今の自分の症状がどのようなものかをうまく表現することができません。
大人のように自分の症状に合わせて自分で対処するすべも持っていないでしょう。

もちろん、その症状がどのようなものかが詳しくわからなければ対処のしようがありませんが、わからないからと言って放置していると子供が辛い思いをしてしまいます。

今子供がどのような状態かを注意深く見ておくのが親たる大人の課題です。

福岡自律神経カイロプラクティックに頭痛外来の病院で治らない頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

病院で治らない子供の頭痛でお困りなら福岡自律神経カイロプラクティックにご相談ください。

病院で治らない子供の頭痛でお困りなら福岡自律神経カイロプラクティックにご相談ください。

子供の頭痛の原因と症状は、大人とは違います

福岡市南区の福岡自律神経カイロプラクティック整体では「子供の頭痛の原因と症状について」を解りやすく解説します。また、福岡自律神経カイロプラクティックに頭痛外来の病院で治らない頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

勘違いしていませんか?子供の頭痛と大人の頭痛の違い

af9980017395l

ときに子供が頭痛を訴えることもあるでしょう。

子供に起こる頭痛のほとんどは、別の疾患がない場合は偏頭痛であると言われています。
その場合は患部を冷やしたり、十分な休息を取らせたりすること改善させることができるでしょう。

ただし、大人が普段経験するような偏頭痛の起こり方とは多少の違いがあり、また痛み方も違うことが多いのです。

さらに、原因としては子供が受けている日常的なストレスからも起こることがあるため、子供の様子はよく観察して、頭痛の状況をうまく聞き出すことが親にできることもポイントとなります。

その原因は親であるあなた「大人」とは少し違う

頭痛以外の症状が見られない場合は、その他に疾患があるといった心配をする必要はありません。

ただ、大人の頭痛の起こり方とは若干異なるところがあり、にわかには頭痛が起きていると判断しにくいところもあります。

ついつい大人の頭痛の起こり方に当てはめてしまい、改善方法も自分に行っているのと同じような処置を取ったり、または子供の頭痛の訴えをはねのけてしまったりするケースも少なくありません。
子供には子供の頭痛の特徴や原因があることを知っておく必要があるでしょう。

福岡自律神経カイロプラクティック整体が考える子供の頭痛の原因と特徴について

大人に起こる頭痛とは違った表れ方を見せる子供の偏頭痛ですが、子供は大人にその症状を訴えるしか方法を持ちません。

しかし、自分がどのような状態にあるかうまく伝えられないことが多いのが子供ですから、そばについている大人が様子を詳しく見ておくことが大切なのです。

まずは、子供の頭痛に見られる特徴を見ていきます。

子供に起こる頭痛には独特なものがあります

子供の頭痛の特徴が大人の頭痛には見られないものであるため、ともすれば見過ごしがちになるのです。
ついさっきまで特に問題なく元気に過ごしていた子供が突然頭痛を訴えることがあり、大人から見れば仮病ではないかと疑ってしまうこともあるのです。

しかし、子供の偏頭痛に前触れや初期症状などは表れないのが通常であるとされており、判断に迷うこともありますが、今子供が抱えている症状を詳しく聞いてあげるのが第一となります。

子供の頭痛の起き方と原因

子供は大人に比べてまだまだ繊細にできており、大人が思いもよらないものに影響を受けていることが多くあります。

そうした頭痛の起き方と原因を知っておき、心身の両面からきめ細やかに対処できるようにしておきたいものです。

子供の頭痛の特徴と原因
  • 偏頭痛の症状が大人と異なる
    特に別の箇所に疾患などがない場合、子供の頭痛は大半が偏頭痛によるものです。
    しかし、大人が普段経験している偏頭痛とは症状が異なるため、その感覚を当てはめてしまうと子供の頭痛を見逃してしまいがちです。子供特有の症状や原因に注目する必要があります。
  • 突然始まって突然治まることが多い
    何の前触れもなく起こることが多い偏頭痛ですが、子供の場合は特にそれが顕著です。今まで特に異常がなく元気だったのに突然頭痛を訴えることがあり、そして数時間ですっかり治って元気に戻るケースがほとんどなのです。

    そのため、大人から見れば子供が嘘をついてその場をしのいでいるだけに見えてしまうというケースが多くあり、頭痛の対処をされない間子供がつらい思いをしてしまうのです。

  • ズキズキする痛みよりは重苦しく締め付けられるような痛み
    大人が経験する偏頭痛とは、片側のこめかみ付近がズキズキと脈打つように痛むのが特徴ですが、子供に起こる偏頭痛は少し違います。片側の頭がズキズキする痛みというよりは、前頭部もしくは側頭部の両方が締め付けられるような痛みなのです。
    これは、大人の頭痛で言うところの緊張型頭痛と似ています。
  • 子供の頭痛の原因
    偏頭痛の原因として、光や音などのちょっとした刺激が挙げられることがあります。子供の場合はそれが顕著に出るとも言われており、刺激に敏感であるために突然頭痛を訴えるのです。

その他、心理的ストレスが大きくかかわっていると言われています。
子供は些細なことでストレスを抱えてしまうものであり、特に大人がそのストレスの原因を見過ごしてしまうこともあると言われます。

例えば学校に行くことにストレスを感じていたり、家庭内での問題を敏感に感じ取っていたり、また受験に対してのプレッシャーが強かったりなど、子供にもストレスの原因になりうる要素はたくさんあります。

こうした子供の状態や心情に大人が寄り添うことも重要な改善方法となります。

【小児周期性症候群】

上記のような子供の頭痛の原因の他にも、明確なきっかけが不明ながら子供に起きやすいと言われる小児周期性症候群の一環として頭痛が起こる場合があります。

周期的に嘔吐などを伴う周期性嘔吐症、突然現われる小児良性発作性めまい、また強い腹痛を併発する腹部偏頭痛など、子供特有の症候群を指すものであり、これらの一環として頭痛を起こすのです。

 

子供の状態をよく観察して見過ごさないこと

af9920042222l

このように、子供の頭痛にはさまざまな要因が絡み合っています。

それぞれに大人の感覚では考えが及ばないようなところに原因が潜んでおり、子供もその詳細を大人に伝えるのは難しいものです。
そのため、周囲の大人が子どもの状態を細かく観察し、汲み取ってあげることが大切となるのです。

特に、子供の症状を汲み取れずに仮病ではないかと疑ってしまうと、さらにその症状が悪化することも考えられます。
頭ごなしに症状について詰め寄るのではなく、じっくりと子供に向き合って症状を聞き出しましょう。

 

いろいろな可能性を考えるのが親の役目

頭痛を訴える子供には、子供用の鎮痛薬を飲ませたり暗い部屋で休ませたりなど、偏頭痛に対する適切な対処を取るべきです。
また付随する症状によっては病院で医師の診察を受けるのも1つの方法です。

いずれにしろ、神経バランスが乱れることで起こりうることが多いとされているため、心身ともにケアすることが求められます。

福岡自律神経カイロプラクティックに頭痛外来の病院で治らない頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

肩こりからの頭痛でお困りなら福岡自律神経カイロプラクティック整体が解決

肩こりからの頭痛でお困りなら福岡自律神経カイロプラクティック整体が解決

福岡市南区の福岡自律神経カイロプラクティック整体では「肩こりからの頭痛」を解りやすく解説します。また、福岡自律神経カイロプラクティックに頭痛外来の病院で治らない頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

肩こりからくる頭痛があります

imasia_8245869_M

じわじわと訪れる頭痛は、肩こりからくるものであることが福岡自律神経カイロプラクティック整体では考えています。
肩こりは日常的に起こるものであり、実際に肩こりに悩まされている方も少なくないでしょう。

こうした筋肉の緊張状態は後頭部にまで及ぶことがあり、それが起因して緊張型頭痛となって表れることにもつながります。

緊張性頭痛をセルフケアするために、福岡自律神経カイロプラクティック整体ではまずマッサージをしたり、患部を温めたりして血流を促すことで肩こりを解消してみることが効果的だと考えます。
固まってしまった筋肉をほぐすことはもちろん、予防する方法も覚えておけば緊張型頭痛に悩まされることも少なくなるでしょう。

肩こりは緊張型頭痛に発展する可能性が高いです

緊張型頭痛を引き起こすきっかけとなる肩こりは、仕事や家事などの中でも、特に同じ姿勢を取り続けたり、ゆがんだ姿勢でいたりすることでだんだんとひどくなるものです。
これがさらに緊張型頭痛へと発展する可能性が高いのです。

肩こりを改善したり予防したりすることで、緊張型頭痛につながる要素を減らすことができます

さらに頭痛が起こってしまったときも、肩こりを改善すれば痛みを和らげることになります。

肩こりと緊張型頭痛の関係と肩こりの改善方法

緊張型頭痛を改善する方法の大きなものは肩こりの改善にあります。
それがすべてではありませんが、重要な位置を占める要因の1つになるのです。

肩こりと緊張型頭痛との関係を知ることと、頭痛と肩こりをいずれも改善する方法を実践することで、日ごろの悩みから解放されることになるはずです。

福岡自律神経カイロプラクティック整体が教える肩こりの改善方法

緊張型頭痛を起こしてしまったとき、また起こす前に、肩こりを改善しておくことは有効です。

日ごろから悩まされている肩こりをほぐすにはいくつかの方法があります。

4つの肩こり解消法
  • マッサージやストレッチ
    こり固まってしまった肩の筋肉をマッサージしたり、肩や首、また全身にかけてストレッチをしたりすることは、こりをほぐすのに効果的です。
    筋肉の緊張状態から解放することができるためです。こった部分をそのままゆっくりもむのもいいですし、肩を前後左右に回したり大きく伸びをしたりしても硬直状態から脱却できます。また、後ろの首筋にある肩井というツボを刺激することも有効です。
  • 温かいタオルを当てる
    肩に温かくしたタオルを当て、しばらくその場所を温めるのもよいでしょう。
    じんわりと筋肉の緊張をほぐしてくれます。お湯で濡らしたタオルでもよいですし、濡らしたタオルを電子レンジで温めてもOKです。
  • 目の疲れを取る
    肩こりは、長時間書類やパソコンの画面を見ることによる目の疲れからも引き起こされます。目の周りが重苦しいなと感じたら、温めたタオルなどを目に当てたり、目を動かして運動させたりすることで目の疲れも肩こりもすっきりします。
  • 湯船にゆっくりつかる
    入浴のときにシャワーだけで済ませるのではなく、湯船にゆっくりつかるのも効果的です。肩だけではなく全身が温まり、筋肉のこりや疲れを解消してくれることになります。
    このとき、湯船のお湯はぬるめにしておいて長くつかれるようにしましょう。

 

肩こりを改善するとなぜよいのか

緊張型頭痛と肩こりには深い関係があります。この2つをつなぐものは血行です。

緊張型頭痛は頭部への血行が滞ってしまうために起こると言われ、肩こりはその血行を妨げる原因となります。

つまり肩こりによって血流が鈍り、それが頭痛を引き起こすこととなってしまうのです。

このつながりがわかれば、肩こりの改善で緊張型頭痛も和らぎ、また肩こりを予防することで頭痛の種にならないということにもなるわけです。

こまめに肩をほぐしましょう

仕事や家事などでうつむいたりなどの一定の姿勢を保っていなければならない場合、集中しすぎるとどうしてもその体勢から動きづらくなってしまいます。
こうした場合は気が付いたときにこまめに休憩を取って、その姿勢から解放させるだけでも肩こりを未然に防ぐことにつながります。

また、こまめに肩を動かしたり首を回したりといった運動は仕事や家事の合間にも簡単にできるため、これも気が付いたときにやっておきましょう。

長時間の緊張状態やストレスも原因

af9920062348l

緊張型頭痛のもととなると言っても過言ではない肩こりは、同じ姿勢や無理な姿勢での作業で起こるのはもちろんのこと、ストレスによる緊張状態から起こるとも言われています。

ストレスがたまると血行の停滞が起こるため、さらに緊張型頭痛の引き金になってしまうことがあるのです。

ストレスをなくすことも大きな改善方法ですが、難しいこともあるでしょう。
上記のような改善方法だけではなくちょっと深呼吸するだけでもリフレッシュになって気分が違ってくるため、おすすめです。

 

肩こり状態への対処を知っておこう

このように、肩こり状態になってしまうことが重苦しい緊張型頭痛を引き起こすきっかけとなります。

それと同時に、マッサージをはじめとした肩こりの改善方法を知れば緊張型頭痛の予防や改善にもなるわけです。
今まで頭痛の改善のために頭部ばかりを気にしていた方も、肩こりさえ解決できれば頭痛から解放されることになるでしょう。

福岡自律神経カイロプラクティック整体には頭痛外来の病院で治らない頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

頭痛をツボやマッサージで解消!福岡自律神経カイロプラクティック整体が教えるツボマッサージ

頭痛をマッサージやツボで解消!福岡自律神経カイロプラクティック整体が教えるツボマッサージ

福岡市南区の福岡自律神経カイロプラクティック整体では「頭痛をマッサージやツボで解消する方法」を解りやすく解説します。また、福岡自律神経カイロプラクティックに頭痛外来の病院で治らない頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

マッサージやツボで頭痛を治す

血行が良くなると頭痛も改善される
福岡自律神経カイロプラクティック整体では血行改善を促すマッサージやツボは、頭痛の解決策として最適の方法とおすすめしています。
特に首回りや肩周辺をほぐすようにすれば、早期解決も夢ではないでしょう。

例えば、肩の真ん中あたりに位置する「肩井(けんせい)」を押せば、肩周辺の血行改善だけでなく、脳内への血行循環も良好にしてくれます。
ほかにもさまざまなツボがあるので、症状に合わせて取り組んでみましょう。
マッサージやツボは、方法さえ知っていれば、誰でも簡単・手軽にできることが大きな魅力です。

マッサージやツボは効果がすぐに現れる

身体中に巡らされている神経は、部位によって対応する箇所が決まっており、それを刺激する「ツボマッサージ」をすることでさまざまな効果を得ることができます。

マッサージやツボは、方法さえ知っていれば誰でも簡単に行えるだけでなく、効果がすぐに現れるところもポイントのひとつですので福岡自律神経カイロプラクティック整体ではセルフツボ押しマッサージをおすすめします。

頭痛改善に至るツボを知って、症状の早期解決を目指していきましょう。

福岡自律神経カイロプラクティック整体が頭痛と血行改善をするための5つのツボ

ツボマッサージにはさまざまな種類があり、症状によって押さえる場所は違います。
頭痛のもととなっている血行不良を改善できる箇所を中心として、そこがどんな症状に効くのかを紹介していきましょう。

肩井(けんせい)

首の付け根から肩先のちょうど中心に位置する「肩井」は、肩のコリを解消するだけでなく、脳内への血行循環を良好にするツボです。

ほかにも、首のコリや目の疲れにも効くので、頭痛解消には最適です。

押し方は、人指し指や中指などの力の入れやすい指を使い、気持ち良さを感じる程度に3~5秒押して離す動作を続けましょう。
大体、5~6回を目安に考えてみてください。
体調不良による頭痛だけでなく、ストレスによる筋肉硬直が原因の「緊張型頭痛」にも効果的です。

合谷(ごうこく)

親指の付け根と人差し指の付け根が合流するところから少し上の窪みにあるツボが「合谷」です。
さまざまな効能がある万能ツボとして知られており、頭痛や肩コリにもとても効果があります。

ツボは両手にあるので、押さえるときは片方の手を使って順番にマッサージしてきましょう。
力の入れやすい親指を使うのが一般的で、3~5秒押して離すといった動作を3~5回続けます。
多少痛みを感じるぐらいで問題ありませんが、あまりに強すぎると身体に悪影響を与える可能性が出てくるので厳禁です。

全身の血行改善を促すため、頭痛全体、どのような症状にも痛み緩和などのメリットをもたらしてくれます。
気軽に行える箇所なので、仕事の合間などにも刺激することができるでしょう。

h3>亜門(あもん)

後頭部、骨の出っ張りの下にあるツボが「亜門」です。
刺激すると、首を中心とした血行改善を促す効果を得ることができ、頭痛の緩和、予防にも繋がります。

押し方は、深呼吸をしながらするのが効果的で、息を吐きながら3秒押す、吸いながら離すといった動作を3~5回繰り返しましょう。
ホットタオルなどで首を温め、血行状況を良くしてからマッサージをすると、より大きな効果を得ることができます。
このツボは、首のコリを解消してくれるので、慢性的な頭痛に悩まされている人におすすめです。

百会(ひゃくえ)

左右の耳と眉間の中心を頭の頂上で結んだ位置にあるツボが「百会」で、自律神経の働きを整える働きを持っています。
刺激すれば、首や肩だけでなく、全身の血行改善に期待ができ、頭痛根本からの解決ができるかもしれません。

押し方は中指を使うのが一般的で、痛みを感じない程度の力を加えます。
それから、ゆっくり、15~20回ほど押してあげましょう。
自律神経には精神的な影響をもたらす働きもあるため、ストレスによって引き起こされる頭痛には特に効果的です。

天柱(てんちゅう)

後頭部、両側の頸椎の外側にある「天柱」は、首の血流改善を促し、頭痛からコリまでを解消できるツボです。
押すときは、人差し指から薬指まで、押さえやすい指を使って適度な力で刺激してあげましょう。

3秒押して離す動作を3~5回するだけで大きな効果が見込めます。
心身疲労にも効くツボなので、こちらも精神疲労による頭痛にはとても効果があります。

血行不良で頭痛になるのはなぜ?

血行不良と頭痛の関係

全身の血行不良、特に首や肩周辺の状況は頭痛に直結しています。
頭痛に至るメカニズムは以下の通りです。

  1. 心身疲労などによる筋肉硬直で血液の循環が滞る、または疲労物質が発せられる。
  2. 血行不良が起こり、脳内血管が拡張・収縮する。
  3. 拡張・収縮した血管が、周辺神経に刺激を与える。

全身の血行改善ができれば一番ですが、頭痛解消を目指すためにはとにかく首や肩周辺の筋肉をほぐすことに努めましょう。

福岡自律神経カイロプラクティック整体が提唱するセルフケア頭痛解消にはマッサージやツボがおすすめ

慢性的な頭痛、一過性な頭痛、頭痛にもさまざまなタイプがありますが、それらの原因は血行不良によることが多いです。
首や肩のコリは血液の流れを止めてしまうといわれているので、頭痛に悩まされている人は、その周辺のツボマッサージに取りくんでみましょう。

頭痛をセルフ整体する福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体がすすめる6つの応急処置

頭痛をセルフ整体する福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体がすすめる6つの応急処置

福岡市南区の福岡自律神経カイロプラクティック整体では「頭痛を対処する6つの応急処置」を解りやすく解説します。また、福岡自律神経カイロプラクティックに頭痛外来の病院で治らない頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

頭痛を”冷やしたタオル”等の応急処置で軽減させよう

頭痛の応急処置

鎮痛剤を飲むなどして頭痛をやり過ごしているという方は、薬に頼らず自分で出来る応急処置を試してみましょう。

片頭痛の場合、こめかみ周辺に冷やしたタオルなどを当てたり、カフェインを含んだお茶やコーヒーを適量飲むのも効果的です。

緊張型頭痛の場合は、肩や首などを温めて血流をよくすることで頭痛を軽減できます。

頭痛の種類によって処置はさまざまです

頭痛と一口に言っても、痛み方やその原因はさまざまです。

応急処置によりその原因を取り除いてあげることで、痛みを軽減することが出来きます。
当然、症状の違いによって応急処置の方法も多少異なります。

起こりやすい頭痛の種類を知り、その原因に合わせた応急処置の方法を選べば鎮痛剤がなくても症状を楽にすることができるでしょう。

福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体がおすすめする日常的に起こる頭痛の対処法

普段生活をしていて、頭痛を伴うような病気を持っていない場合に起こりうる頭痛の種類は大きく3つに分けられます。
それぞれに起こる仕組みが異なるため、応急処置を行う際には適切な方法を選ぶことが大切です。

仕組みや対策を以下で詳しく見ていきましょう。

福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体がすすめる偏頭痛は3つの対処法があります

普通どおり生活をしているときに突然訪れる頭痛で、こめかみ辺りがズキズキと痛む症状は「片頭痛」と言われます。

左右どちらかの頭、もしくは両方で起こりひどくなるとめまいや吐き気をもよおすこともあります。

体を動かすと痛みが悪化することが多くある症状です。 周囲の音、強い光やにおいなどに過敏になり、それらの要因で悪化することもあります。

基本的には前触れなく訪れますが、場合によっては視界が一時的に欠けたり、ギザギザしたものが見えたりなどといった前兆が見られることもあるようです。

そういった頭痛を軽減するたに、以下6つの対策方法を選んで試してみましょう。

すぐにできる4つの頭痛軽減方法
  • カフェインを含むお茶やコーヒーを飲む
    カフェインには血管を収縮させる働きがあります。 お茶やコーヒーが苦手という方は、紅茶やココアでも良いでしょう。
  • 部屋を暗くして、休息をとる
    頭痛を悪化させる原因である光を遮断し、痛みが治まるまで休みましょう。
  • こめかみや首を冷やす
    冷たいタオルや水枕などを使用し、冷やすことで血管の拡張を抑えることができます。
  • 激しい運動は避け、安静にする
    体を動かすことで片頭痛は悪化するため、極力運動は避けましょう。

 

福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体がすすめる緊張型頭痛は2つの対処法があります

こめかみなどに局所的に表れるものではなく、頭全体もしくは後頭部に鈍い痛みがあるのは緊張型頭痛の症状です。
ストレスなどで筋肉が緊張したり、自律神経の働きに影響が加わったりした場合に起こるものです。

ヘルメットのようなもので頭全体をきつく覆われるような痛み、もしくはベルトで締め付けられるような痛みといったような形容がなされることがあります。

いずれにしろ、心身の緊張をほぐすことが最終的な対処法となります。

頭痛を軽減させる緊張をほぐす2つの方法
  • 肩や首を温めて血流を促す
    緊張型頭痛は、偏頭痛とは逆に、血流を促すことで改善に繋がります。
  • ストレッチをする
    血流が促されるほか、心の緊張をほぐしてリフレッシュするができます。

群発頭痛のときは医師の診察が必要かもしれません

頭の痛みというよりは、目の奥やその周囲に強い痛みを覚えてそれが頭の周辺まで広がった感覚の頭痛が起こります。
これは群発頭痛の症状であるとされ、ある期間に集中して起こるためにそのように呼ばれています。

痛みはとても激しく、目がえぐられるような痛み、もしくは何かで刺されたような痛みなどと表現されることもあります。
この頭痛が発生する時期やその期間、発生する時間帯なども人によってほぼ決まっており、そこに集中して症状が現れます。

また、この症状の特徴として、目の周囲の神経に影響が出るために涙、鼻水やまた充血などの目の異常が見られることもあるようです。

このタイプの頭痛は、応急処置で治すことが難しいため、医師の診察を受けることが必要となります。

頭痛の原因は”血管の拡張”と”血管の収縮”

頭痛の原因は何か

頭痛は、以下のようにそれぞれの原因を引き金として、頭を通る血管に何らかの影響が出ることからに起こるものです。

福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体が要注意にする頭痛!頭の血管が関係する頭痛
  • 血管の拡張
    急に頭の血管が拡張し、激しい血流が起こるのは片頭痛と群発頭痛に見られる傾向です。いずれも急激な血流の変化によって血管に炎症を起こすことが痛みの原因とされています。
  • 血管の収縮
    欠陥が収縮して血流が悪くなるために起こるのが緊張型頭痛です。肩こりや運動不足などによる血流の停滞に伴って血管が収縮し、頭に十分な血液が行き渡らなくなるために起こります。

血管拡張タイプの片頭痛の応急処置として血管収縮タイプの緊張型頭痛の処置を施しても、逆効果になることが考えられるため注意しましょう。

自分の頭痛を見極めること

頭痛に対して何らかの応急処置を取ろうとするとき、今自分に起きている痛みがどのようなものであるかを見極めることが大切です。

それを見誤ると逆効果になってしまうこともあるため、頭痛の種類ごとの正しい処置の方法を知っておきましょう。

頭痛外来の病院で治らない場合は福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体が頭痛を抑える3つのポイント

突然やってくる頭痛を抑える3つのポイント

福岡市南区の福岡自律神経カイロプラクティック整体では「頭痛外来の病院で治らない場合、頭痛を抑える3つのポイント」を解りやすく解説します。また、福岡自律神経カイロプラクティックに頭痛外来の病院で治らない頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体がおすすめする突然やってくる頭痛に効く3つの方法

急に襲ってくる頭痛を抑える方法

急に襲ってくる辛い頭痛を、どうにかして抑えたいとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

頭痛外来の病院で処方される鎮痛剤などの薬に頼らず、自分で頭痛を抑えることができる方法があります。

大きく分けて、「ツボ押しをする」、「首筋や肩を冷やす・温める」、「食事に気を遣う」という方法があります。

しかし、頭痛のタイプによって何が適しているかは変わります。
間違った対策を行って症状を悪化させてしまわないためにも、正しく覚えておくことが大切です。

頭痛の原因を取り除いてあげることが必要

頭痛の原因は、そのタイプによって異なります。

辛い症状を根本的に抑えるためには、それらを取り除かなくてはなりません。

頭痛外来の病院で処方される鎮痛剤などで痛みを軽減しただけでは、根本的な解決にはならず、すぐにまた症状が出てきてしまうことが多々あるようです。

「ツボ押し」、「首や肩を冷やす・温める」といった頭痛の原因を取り除き根本的に症状を改善することに繋がる対策があります。

頭痛を抑えるための3つのアプローチ

前触れなく突然起きる頭痛には、主に偏頭痛と緊張型頭痛があります。
それぞれに適した改善策を具体的にご紹介していきましょう。

緊張型頭痛に効く”ツボ”はあちこちに存在します

頭から首、肩にかけては、主に緊張型頭痛に効くツボがあちこちにあります。
また、手や手首にも頭の血流に作用するツボが存在します。

それぞれの場所を的確に刺激することで頭痛を和らげることができるのです。
ツボ刺激はちょっとした作業の合間や休憩中にも行えるため、覚えておくと便利でしょう。

頭痛に効くツボは以下の通りです。福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体がおすすめする頭痛に効く6つのツボ

  • 百会(ひゃくえつ)
    頭痛に限らずさまざまな体の症状に効く有名なツボです。
    頭頂部にあり、鼻からまっすぐ上と両耳からそれぞれ上に延ばした線が交わる位置となります。このツボを親指や人差し指の腹でゆっくり押すと効果があります。
  • 風池 (ふうち)
    うなじの筋の両外側にあるツボです。
    親指の腹を当て、その他の指を頭を支えるように当ててゆっくりと押します。少し強めに押すのがコツです。
  • 天柱(ちりけ)
    風池の指一本内側にあるツボで、こちらも親指の腹で少し体重をかけるように強めに押すと心地よく効果が現れるところです。
  • 肩井(けんせい)
    肩の筋肉の中央に位置するツボです。
    ここを人差し指や中指で少し内側方向に押すと肩の筋肉がほぐれ、血流もよくなります。
  • 合谷(ごうこく)
    手の親指と人差し指の骨が交わる辺りのツボで、押すと心地よい刺激を感じます。
    親指で骨の内側に押し込むようにぐっと刺激します。
  • 外関(がいかん)
    手首の外側の関節から指3本ほどひじ寄りの位置にあるツボです。頭痛全般に効果があるとされていますが、全身の倦怠感や悪心などの症状にも効きます。

 

頭痛外来の病院で治らない場合の偏頭痛と緊張型頭痛は”こめかみ”又は”首筋や頭を冷やす・温める”

血管の収縮・拡張は、頭痛と密接な関係にあります。
頭痛のタイプに応じて、適切な場所を冷やすか温めるかすることによって痛みを抑えることができます。

2つの頭痛のそれぞれの軽減方法
  • 偏頭痛の場合
    頭のこめかみが片方、もしくは両方痛む偏頭痛の場合は、拡張した血管を収縮させるようにこめかみを冷たいタオルなどで冷やすと効果的です。
  • 緊張性頭痛の場合
    頭全体が重く痛む緊張性頭痛は、筋肉のこりによって血流が停滞しています。
    首筋や肩、後頭部などを温めて血管を拡張させるようにするのがよいでしょう。

福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体が頭痛を抑えるのにおすすめする効果的な食べ物

普段から食べるものに気をつけていれば、突然来る痛みをある程度防ぐことができます。

血流をコントロールするならカレーやチリソースなどのスパイス系、ほうれん草など鉄分を多く含むものなどがよいとされており、血管の収縮作用があるカフェインを含んだコーヒーやお茶も、適量ならば痛みを軽減できることがあるようです。

さらに脱水症状を起こしたときの頭痛に水分の多いフルーツや、過剰に体外に排出してしまったカリウムを補給するために皮つきのポテトなどを採ると効果的です。

頭痛を抑えるポイントは血流にあると言えるでしょう

頭痛の鍵は血流にあると言われている
頭痛と血流には、大きな関係性があると言われています。

簡単に言うと、偏頭痛は頭の血管が拡張していること、緊張型頭痛は逆に収縮していることが原因で起こります。
頭痛のタイプによって対策が変わるのは、これが理由です。 収縮しすぎた血管を拡張させ、拡張しすぎた血管を収縮させることで症状を抑えることができるのです。

脱水症状も頭痛の原因となるため、それを防ぐ栄養素を摂取することは、有効な頭痛対策となります。

頭痛が起きやすい方は的確な方法を覚えておきましょう

特に頭痛に見舞われることの多い方は、普段から自分の痛みについての対策をいくつか持っておくのが得策です。

2つの頭痛のそれぞれの対策
  • 偏頭痛の場合
    首や肩を冷やす ・血管を収縮させる食べ物を摂取する
  • 緊張型頭痛
    首や肩を温める ・頭痛に効くツボを押す ・血行を良くする食べ物を摂取する

辛い頭痛を少しでも楽にするために、適切な方法を覚えておきましょう。

頭痛外来の病院で処方される薬を使用することは「痛みを止めるだけ」であり根本的な治療になりません

これまでご説明した「緊張型頭痛」「偏頭痛」を頭痛外来の病院で処方される薬で「痛みを止めるだけ」ではいつまでも改善されないでしょう。

薬で痛みを止めている間に、無理して働いたり、入浴をすると翌日は頭痛が悪化しひどい激痛に襲われた経験がある方もいらっしゃると思います。
これは、「マッサージや痛み止めの対処療法であり、臭いものに蓋をしているだけ」です。 根本治療に取り組むことが改善への近道です。
対症療法:表面的な症状の消失、または緩和を目的とする治療法

ご自身で、対処しきれない場合は福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体で根本治療を行なっていきましょう。
無理にどうにかすることは避けるべきです。 まずはご相談ください。

福岡市で病院で治らない偏頭痛でお困りなら福岡自律神経カイロプラクティック整体

福岡市で病院で治らない偏頭痛でお困りなら福岡自律神経カイロプラクティック整体

福岡市南区の福岡自律神経カイロプラクティック整体では「雨から来る頭痛の症状で病院で治らない偏頭痛の対処方法」を解りやすく解説します。また、福岡自律神経カイロプラクティックに偏頭痛、緊張型頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

雨から来る頭痛の症状で病院で治らない偏頭痛でお困りの場合は参考にしてください

px0010088609l

梅雨の時期など雨が続く季節に、偏頭痛で悩まされたり、悩んでいるご友人がいるという方は大勢いらっしゃると思います。
梅雨も台風も恐れず生活するために、天気の変化で起こる偏頭痛で病院で治らない場合の対処方法を福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体から4つご紹介します。

  1. こめかみなど、痛みの元を冷やす
  2. 部屋を暗くして、安静にする
  3. お茶などカフェインの含まれた飲み物を飲む
  4. 普段から栄養のある食事をする

以上の4つで対処ができると思います。詳しい説明は後半にて。

なぜ、雨が降ると頭痛が起きてしまうのかと言いますと、雨が降るということは大気中の水分が飽和して、気圧が下がることが原因です。

これが原因となる頭痛は偏頭痛であり、その対処方法を知ることが大切です。

その対処法全ては、行ってみると簡単なものばかりで、部屋の気温を変えたり、飲み物を工夫したりするだけです。

また、外部からの刺激を避けるのも、有効な方法といえるでしょう。

偏頭痛が起こるきっかけになる事象は何かということはいまだ明らかにされていないのが現状です。

しかし、脳内伝達物質のセロトニンの分泌バランスが崩れるためという説や、頭部にある三叉神経が刺激されて起こる説などが語られています。

病院で治らない偏頭痛の場合はストレスの軽減や飲み物を工夫して対処しましょう

偏頭痛の軽減を考えた時に、湿度は欠かせないポイントです。
湿度による、体内の水分バランスの崩れを抑えることは、雨の日における頭痛ケアの方法であるといえます。

飲み物を工夫するのは、それを上手に利用した対処法です。

また、視覚や、聴覚によるストレスが、頭痛の一因となる場合も往々にあり得ます。

いずれにせよ、偏頭痛のメカニズムを知らないことには、雨の日の頭痛を軽減させることはできないでしょう。

福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体がおすすめする雨の日の頭痛の対処方法

 

ポイント先述のとおり、雨の日は気圧が下がり、大気中の水分バランスも普段と変化します。それらが要因となり、偏頭痛が引き起こされます。

この偏頭痛の抑え方を具体的に紹介しましょう。

1.こめかみなど、痛みの元を冷やす

冷やす頭が痛い時に、冷たいものを当ててみたときに、「ひんやりと気持ちが良い」と思ったことはありませんか?
これは実は有効な方法であり、科学的な根拠もあるのです。

冷やすことで、頭痛の原因である血管の拡張を防ぎ、収縮させ頭痛を軽減させてくれます。

冷やすものは、濡らしたタオルや、氷のう、アイスノンなどがいいでしょう。

ただし、直接濡らしてしまったり、水風呂に入ったりするのは、体調を余計に崩してしまう可能性があるので、注意してください。

2.部屋を暗くして、安静にする

暗い部屋まぶしい光、激しい音といったストレスが、偏頭痛の原因であり、それらをそのままにしておくと痛みを増幅させてしまいます。
雨という環境は、ただでさえ体のバランスが取れていないものです。そこに、刺激を与えるのは一番よくありません。

また、偏頭痛の特徴の一つに「動かすと痛い」ということもあります。

薄暗くして、布団に横になるなどして、楽な体勢をとることが頭痛軽減に繋がります。

3.お茶などカフェインの含まれた飲み物を飲む

お茶カフェインには、血管の収縮作用があります。
コーヒーやお茶を飲むことで、頭痛の元である血管の拡張を防ぐことができるのです。

ただし、過剰摂取は、慢性的な頭痛の原因にもなりかねませんので、あくまで適量飲むということを心がけましょう。

また、カフェインには利尿作用があります。 体内にたまった水分を、適切に排出することで、バランスが取れて頭がすっきりと楽になることも期待できます。

4.普段から栄養のある食生活をする

大豆偏頭痛に有効な栄養成分を摂取すれば、事前の予防に繋がります。 以下の栄養を含む食品を普段から不足なくとるようにしましょう。

偏頭痛に有効な3つの栄養素
  • マグネシウム
    頭痛の原因である、脳血管の緊張を緩和させることで頭痛予防・軽減をしてくれる栄養素です。
    逆に不足してしまうと、痛みに敏感な体質となったり、脳が興奮しやすくなったりして、よりひどい痛みに襲われる可能性があります。多く含まれる食品としては、大豆や、アーモンド、魚介類などです。
  • トリプトファン
    トリプトファンは、体内ホルモンのセロトニンを増やす成分です。セロトニンは痛みを鎮静させる作用があります。
    心を落ちつける効果もあることから、うつ病治療にも用いられている成分です。多く含まれる食品は、乳製品や、大豆製品、アーモンドなどがあります。このセロトニンは、規則正しい生活や、体内時計が調整されることでも増やされます。生活習慣と、トリプトファンで、セロトニンと心身の健康を得ることができます。
  • ビタミンB2
    上記のトリプトファンと同様で、セロトニンが体内で放出されるように作用してくれる栄養です。
    頭痛薬にもよく用いられています。食品ですと、うなぎや、レバー、卵黄といった食品に多く含まれています。

天気の悪化が自律神経を乱れさせるとも言われ症状が悪化する可能性

気圧の変化

先述のとおり、気圧の低下や、水分バランスの崩れが頭痛の主な原因です。
気圧の低下は、それまで気圧に抑えられていた血管が一気に拡張され、急激な血流の増幅を起こします。

この差により、雨の日には頭痛が起きやすくなります。 また、天候の悪化が、自律神経系に乱れをきたすという説もあります。

自律神経に悪影響があると、頭痛の他に、眠気や、めまいといった体調の変化が起きてくるのです。

病院で治らない偏頭痛の場合は福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体に相談または自分で出来る対処法をやってみましょう

たかが頭痛と言われることが多いですが、本人にとっては辛いものである頭痛。
特に雨の日の頭痛は、「癖みたいなもの」と諦めている人も多いのではないでしょうか?

しかし、食べ物や飲み物に工夫をしたり、休憩を多めに取るようにしましょう。

体に無理をさせないでおくことで確実に、頭痛を抑え、軽減していきましょう。

病院の頭痛外来で治らない時に出来る福岡市の福岡自律神経カイロプラクティックが勧める3つの対処方法

頭痛外来で治らない時に出来る福岡市の福岡自律神経カイロプラクティックが勧める3つの対処方法

福岡市南区の福岡自律神経カイロプラクティック整体では「病院の頭痛外来で治らない時に出来る3つの対処方法」を解りやすく解説します。また、福岡自律神経カイロプラクティックに緊張型頭痛や片頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

動くと痛い頭痛は”片頭痛”や”緊張型頭痛”を疑おう

af9980026689l

動きに対して痛みを感じるタイプの頭痛は、片頭痛や緊張型頭痛である可能性が高いです。 頭を上下に向ける、動かすだけで、痛みが走ってしまう場合には、光や音の影響が少ない場所で静かにしておくようにしましょう。

その際の室温は、暑くならないように気を付けましょう。 少し涼しいくらいにするとより効果を得ることができます。

これにより、血管が急激に拡張することなく、神経の圧迫を防ぐこともできます。

血管が脈を打つような痛みがありますか?

片頭痛・緊張型頭痛の特徴として、血管が脈打つような痛みが頭を包むことがあります。

これは、ただ「そうなっているような気がする」という感覚ではなく、実際に頭の中で急激な血流の増幅が行われているのです。

また、気温の変化により、血管が広がっていることでも起こり得ます。

その他にも、慢性的な片頭痛は、激しい光や音によっても誘発されてしまいます。

福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体が提唱する“動くと痛い頭痛” 2種類の原因と、3つの対処法

動くと痛い頭痛は、「片頭痛」「緊張型頭痛」といった慢性的な頭痛である可能性が高く、第一には刺激を与えないようにしなければなりません。

頭痛外来でもよく言われることですがの原因は人それぞれで異なります。自分で見つけて避けることを覚えれば、頭痛の軽減に繋がります。

ズキズキと痛む時に、何か法則のようなものが無いでしょうか?
それでは、片頭痛の原因となるものをここに並べてみましょう。

福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体が考える原因その1

”目や耳に対するストレス”

耳や目にとっての主なストレス

  • 激しい光
    まぶしさを覚えるほどの光を、長い間あびたり、急激にあびたりすると、目や肩の疲れに繋がります。以前に、テレビアニメで激しい光を出し過ぎて、それを見た多くの子ども頭痛を訴えたのも、一つの事例です。
  • 大きな音や人ごみ
    耳・鼓膜に刺激を与えるのは、ストレスの原因になりかねません。すでに頭の痛みを覚えている状態で、大きな激しい音を聞き続けると、頭痛を増幅させる場合もあります。

福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体が考える原因その2

”気候や食べ物”

頭痛の原因となる意外な3つの原因
  • 湿度の上昇・低気圧
    気候、天候の変化は体調にも、大きく関与してきます。 湿度の上昇は、体内の水分の停滞に繋がり、血管拡張の原因ともなりかねません。また、空気中の飽和した水分が雨になることで、気圧が急激に下がると、気圧に圧迫されていた血管も緩み、頭痛へと繋がります。 雨の日は頭が重くなる・痛くなるというのはこれが原因であり、理にかなっているのです。エアコンや、除湿機などで湿度を一定に保つように心がけましょう。
  • 頭痛の誘発食品
    片頭痛を誘発する食品があるのをご存じでしょうか? チョコレートや、チーズ、ヨーグルト、赤ワインといった物が代表的な例です。これらには、チラミンという血管の拡張を呼び起こす作用の持つ成分が多く含まれています。
    血管の拡張は、先述のとおり頭痛の大きな原因のため、これらを食べない・取り過ぎないのも頭痛の予防へと繋がります。
  • 同じ姿勢での作業
    長時間、同じような体勢でいるのは、血流の淀みや、筋肉の緊張に繋がります。例えば、デスクワークで一日中パソコン作業をしなければならない人は、一定時間で体を動かしたり、ストレッチをしたりして、筋肉を緊張させないように心がけましょう。

福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体が教える動くと痛い頭痛を軽減させる3つの対処法

避けなければならない物を知った後は、すればより良いことを知りましょう。

次に、具体的な対処法をいくつかご紹介します。

頭痛外来で治らない場合すぐにできる3つの対処法
  • 冷たいタオルや、氷嚢で頭を冷やす
    片頭痛の場合は、冷やすことで頭の血管の拡張を防ぎ、収縮させることが一番の対処法です。これにより、急激な血流の増幅を避けることができ、頭痛を落ちつけられるのです。
  • 適度な温めも効果を得られる場合がある
    緊張型頭痛の場合は、筋肉の緊張・こりをほぐすことができます。
    適度な入浴、マッサージなどが良いでしょう。また、目の周りを蒸気で温めるのも効果があり、そういった頭痛解消グッズも増えています。
  • 枕を変えてみる
    枕の高さ、堅さ、素材により首の負担が軽減されます。 心臓から頭まで血を運ぶ際に、首・肩は絶対に経由する部位です。ここが凝っていないことが頭痛への対処法になるのです。

片頭痛と緊張型頭痛の原因

af9920062344l

頭痛外来でなかなか治らない場合の原因は、上記のさまざまなものが重なりにより起こります。

血管が拡張して、周囲の三叉神経を刺激することが原因の片頭痛。目や、肩・首といった頭の周りの筋肉が緊張して引き起こされる緊張型頭痛。

どちらも、肉体的・精神的ストレスにより痛みへと繋がってしまいます。

先ほどの内容をご覧になれば分かりますが、基本的にはストレスを感じさせないようにすることで、これらの頭痛は防ぐこと、軽減することができるのです。

強い刺激を避けられる休みをとりましょう

強い刺激を抑えることができれば、頭痛外来に行かなくても予防法・対処法を得られます。
少しでも、頭が重くなるような嫌な感じや、ズキズキとした痛みには、絶対安静の心がけと、環境作りが大切です。

決して、「この程度の痛みならば良いか」といって、今以上のストレスに繋がるようなことはしないでください。

 

片頭痛を福岡市で治す整体なら福岡自律神経カイロプラクティック整体

片頭痛を福岡市で治す整体なら福岡自律神経カイロプラクティック整体

福岡市南区の福岡自律神経カイロプラクティック整体では「生あくびは片頭痛の予兆?防ぐための解決策」を解りやすく解説します。また、福岡自律神経カイロプラクティックに片頭痛で困りの患者様が福岡市内、福岡県外からも来院されていますのでお気軽にご相談ください。

生あくびは片頭痛の予兆?防ぐための解決策

カフェインを摂取して生あくびによる片頭痛を防ごう

生あくびと頭痛の関係とその対処
福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体では片頭痛を引き起こす生あくびには、「緑茶」や「コーヒー」といったカフェインが多く含まれる飲みものが効果的です。
特に何度も出ているときは積極的に飲むことをおすすめします。

ただ、飲み過ぎもよくありませんので、あくびが止まらないときは、できるだけ安静にするようにしてください。

また、「ココア」、「油揚げ」、「納豆」などのマグネシウムが豊富に含まれる食品を普段から食べるようにすると、片頭痛から生あくびまでを予防することができます。

片頭痛の頭痛を食い止めよう

生あくびによって起こる血管収縮ののちに、血管が拡張して周辺神経を刺激する片頭痛が起こるとされているので、生あくびの段階で片頭痛の前兆を食い止めなければなりません。

生あくびが出はじめたときは、血管の拡張を抑える働きを持つ「カフェイン」が多く含まれる飲み物を摂取するのが効果的です。

片頭痛になる前に対策を

今回は、生あくびを抑えるための方法をもう少し掘り下げてみます。
片頭痛の予防策も紹介しますので、参考にしてみてください。

カフェインが含まれる飲みもの

生あくびは血管の収縮による酸素不足によって出てしまうといわれています。
そこから、急な血管の拡張によって片頭痛に至る可能性がありますので、この段階で対策を打つ必要があるでしょう。

そこで、生あくびが出たときには、カフェインが含まれる飲みものを摂取することをおすすめします。

例えば、一般的にも知られている緑茶やコーヒー、紅茶といったものです。
カフェインには、血管の拡張を抑える効果があるので、片頭痛に至るリスクを大幅に下げることができます。

しかし、生あくびが出はじめた段階では、普通のあくびとの違いが分からないかもしれません。見極めるポイントとしては、何回も出続けるか、そうではないかといったところです。

一回で終われば、あまり気にする必要はありませんが、短い時間で何度も出るようであれば、生あくびの可能性が高いでしょう。

特に、片頭痛持ちの人は真っ先に疑うべきです。

少しでも疑われるときは、すぐに対策に動くようにしてください。

ただ、ひとつだけ注意点があり、カフェインが含まれる飲みものを多量に摂取すれば良いわけではありません。

多量摂取をすると、血流増大、心拍数の増加、呼吸困難などのリスクが伴います。
適度な量で抑えなければ、片頭痛に至る可能性が逆に高まってしまうので注意が必要です。

カフェイン摂取量の目安
副作用を引き起こすまでの限度量は、一日あたり400mg~450gだとされています。
一般的なインスタントコーヒーの含有量が約70mgだといわれているので、5~6杯程度を限度に摂取することを考えましょう。適切な量を守れば大きな効果を発揮する成分なので、用量を守って使用してください。

あくびが止まらないとき

カフェインを含んだ飲みものを摂取してもあくびが止まらないときは、ほかの方法で解決することを考えます。
止まらないからといって焦る必要は全くなく、むしろ焦ってしまうと心拍数の増加から片頭痛に繋がってしまうかもしれません。
できるだけ落ち着いて、次の方法に取り組んでいきましょう。

方法としては、できるだけ安静にして血液の急な拡張を防ぐようにしてください。
運動などの身体を動かす行為は、絶対に避けましょう。

また、食べものを摂取しないように心がけてください。

身体の代謝が良くなり、血のめぐりが過度に助長される可能性があります。

福岡市の福岡自律神経カイロプラクティック整体が提唱する生あくびの予防策

「そもそも、血液の拡張を予防すれば良いのでは」と考えた人もいるかもしれませんが、まさにその通りで、対策を打てば発症のリスクを大きく軽減することができます。
一番の対策は、血液の拡張を予防し、さらに炎症までを抑える働きを持つ「マグネシウム」を含んだ食品を普段から摂取しておくことです。

冒頭で述べた、「ココア」、「油揚げ」、「納豆」をはじめとして、海藻類などにも豊富に含まれています。

習慣的に食べやすい食品が多いので、片頭痛持ちの人は食卓に取り入れることを検討してみてください。

血管の収縮、急な拡大による片頭痛の原因は“生あくび”

カフェインは生あくびからくる頭痛に効く
眠気を感じたときに出る「あくび」と違って、「生あくび」は眠気を感じていなくとも、心身疲労などによって何度も出続けるといわれています。

生あくびは、いったんの血管収縮から急な血管拡張を引き起こすために片頭痛の予兆だとされるので、ひとつの危険信号だということを知っておいてください。
片頭痛は、脳内で拡張しすぎた血管が周辺の神経を刺激し、炎症を起こすことが原因です。

一旦発症すると長時間痛み続けますので、予防や改善策をしっかりと把握しておきましょう。

“カフェイン”で急な血管の拡大を防ぎ片頭痛を予防

生あくびが出続けるときは、カフェインを含んだ飲みものを摂取し、血管の急な拡張を防ぎましょう。

できるだけ身体を安静にして、食べものも身体に入れないように心がけましょう。
また、マグネシウムを含んだ食品を普段から食べることは、予防策としてとても効果的です。